• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
山崎晴雄
著者のコラム一覧
山崎晴雄

1951年、東京都生まれ。東京都立大学(現・首都大学東京)大学院理学研究科地理学専攻修士課程修了。通産省工業技術院地質調査所主任研究官を経て、都立大教授。現在は、首都大学東京名誉教授、㈱ダイヤコンサルタント顧問。新著に「日本列島 100万年史」(講談社BLUE BACKS)がある。

富士山噴火なら六本木に多くの灰が積もる

道路が火山灰だらけに…?(C)日刊ゲンダイ

 再開発が進む都心の工事現場では、かつて台地をつくった地層を見ることができます。六本木のある工事現場では、地表から約10メートルまでが赤土の関東ローム層で、その下に砂泥層が見られました。この港区六本木を含め、新宿、渋谷周辺までの高台を「淀橋台」と呼びます。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事