• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「パッケージサラダ」は旬野菜を“産地リレー”で安定供給

 袋を開けたらそのまま食べられるカット野菜「パッケージサラダ」が売れている。中でも圧倒的な人気を誇るのが、サラダクラブの商品だ。千切りキャベツなどの定番サラダを中心に、多品目サラダや旬の野菜、注目野菜など、多彩なラインアップを展開。サラダ用トッピングなどの関連商品も好調で、創業以来、売上高は一貫して右肩上がりを続けている。

 パッケージサラダの国内トップメーカーであるサラダクラブは1999年2月、キユーピーと三菱商事の共同出資により誕生した。当時、生食用カット野菜は米国で急成長していたことから、日本でも拡大が見込めると考えての設立だった。キユーピーのグループ会社とはいえ、野菜をパッケージ化して売るのは大きなチャレンジ。同年4月、まずは「千切りキャベツ」や「カットレタス」など5品を発売するも、販売は試行錯誤したという。

「それまでのカット野菜は、どちらかというと総菜に近いものが多かったため、密封のパッケージサラダは新ジャンルといってもいいぐらいの商品だった。まず、消費期限が大きく違う。たとえば千切りキャベツの場合、10度以下で4日間(未開封)もつ。そのため、まずは売り場の確保。冷蔵ケースに定位置をつくってもらうことから始まった」(商品部次長の藤田将氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る