「パッケージサラダ」は旬野菜を“産地リレー”で安定供給

公開日: 更新日:

 袋を開けたらそのまま食べられるカット野菜「パッケージサラダ」が売れている。中でも圧倒的な人気を誇るのが、サラダクラブの商品だ。千切りキャベツなどの定番サラダを中心に、多品目サラダや旬の野菜、注目野菜など、多彩なラインアップを展開。サラダ用トッピングなどの関連商品も好調で、創業以来、売上高は一貫して右肩上がりを続けている。

 パッケージサラダの国内トップメーカーであるサラダクラブは1999年2月、キユーピーと三菱商事の共同出資により誕生した。当時、生食用カット野菜は米国で急成長していたことから、日本でも拡大が見込めると考えての設立だった。キユーピーのグループ会社とはいえ、野菜をパッケージ化して売るのは大きなチャレンジ。同年4月、まずは「千切りキャベツ」や「カットレタス」など5品を発売するも、販売は試行錯誤したという。

「それまでのカット野菜は、どちらかというと総菜に近いものが多かったため、密封のパッケージサラダは新ジャンルといってもいいぐらいの商品だった。まず、消費期限が大きく違う。たとえば千切りキャベツの場合、10度以下で4日間(未開封)もつ。そのため、まずは売り場の確保。冷蔵ケースに定位置をつくってもらうことから始まった」(商品部次長の藤田将氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    侍J深刻ファン離れ ZOZOマリンがロッテ戦より不入りの衝撃

  4. 4

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  5. 5

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  6. 6

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  9. 9

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  10. 10

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る