「パッケージサラダ」は旬野菜を“産地リレー”で安定供給

公開日:

 袋を開けたらそのまま食べられるカット野菜「パッケージサラダ」が売れている。中でも圧倒的な人気を誇るのが、サラダクラブの商品だ。千切りキャベツなどの定番サラダを中心に、多品目サラダや旬の野菜、注目野菜など、多彩なラインアップを展開。サラダ用トッピングなどの関連商品も好調で、創業以来、売上高は一貫して右肩上がりを続けている。

 パッケージサラダの国内トップメーカーであるサラダクラブは1999年2月、キユーピーと三菱商事の共同出資により誕生した。当時、生食用カット野菜は米国で急成長していたことから、日本でも拡大が見込めると考えての設立だった。キユーピーのグループ会社とはいえ、野菜をパッケージ化して売るのは大きなチャレンジ。同年4月、まずは「千切りキャベツ」や「カットレタス」など5品を発売するも、販売は試行錯誤したという。

「それまでのカット野菜は、どちらかというと総菜に近いものが多かったため、密封のパッケージサラダは新ジャンルといってもいいぐらいの商品だった。まず、消費期限が大きく違う。たとえば千切りキャベツの場合、10度以下で4日間(未開封)もつ。そのため、まずは売り場の確保。冷蔵ケースに定位置をつくってもらうことから始まった」(商品部次長の藤田将氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る