日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「トップ スーパーナノックス」は汚れ浮かす新成分で好調

 ライオンの超コンパクト衣料用液体洗剤「トップ スーパーナノックス」が好調だ。2010年に「トップ ナノックス」として発売以来、改良を重ね、16年はネーミングも新たに大リニューアル。技術はもとより、徹底した洗浄力を伝えるコミュニケーションも奏功し、過去最高の売り上げを記録した。

 粉末洗剤で始まる「トップ」の歴史。初代は1956年、衣類を選ばない万能な中性洗剤として誕生した。最高の洗浄力を目指す洗剤として進化を続け、79年には業界に先駆けて酵素を配合した「酵素パワーのトップ」を発売。飛躍的に洗浄力が向上した商品は爆発的なヒットを記録し、さらに翌年発売した「無りんトップ」も大反響。「トップ」は衣料用洗剤市場をリードするブランドに成長した。

 80年代後半になるとコンパクト化が進み、ナンバーワンの座こそ明け渡すも販売は好調をキープ。一方で、80年代半ばからは液体洗剤も出回り始めていく。そしてついに液体にも超コンパクト化の波。10年、「トップ ナノックス」の登場である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事