“大人向け”と発想転換 カンロ「ピュレグミ」ヒットの源泉

公開日: 更新日:

 好調なグミ市場。その中心にいる大人向けグミのパイオニアといえば、カンロの「ピュレグミ」だ。2002年の発売以来、甘酸っぱいおいしさと果肉の食感で幅広い世代の支持を獲得。多彩なフレーバーもウケて、ロングセラー商品となった。15年からはシリーズ展開にも注力。ファン層拡大により、売り上げは前年比増を続けている。

 グミ市場への参入は1991年。当時は、グミといえば子どものお菓子のイメージだったが、やがて海外ブランドが台頭。その人気に目を付けたのがこの商品の開発担当者で、「手軽に食べられるグミは、OLのお菓子にも最適なのではないか」と考えた。そう、狙いは20代、30代の働く女性だ。

「実は企画者自身がターゲットだった。本人の実感として、グミは好きだが子ども向けばかり。自分たちにちょうどいいグミってないよね、との思いから開発に至った」(商品企画部の菊地舞子氏=写真)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  10. 10

    特攻兵士が残した「全体主義の国家は必ず敗れ去ります」の言葉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る