創業者はカクテルバー経営 「ポッカレモン100」誕生秘話

公開日:

 ポッカサッポロフード&ビバレッジの看板商品といえば、100%レモン果汁の「ポッカレモン100」だ。1957年にレモン事業を開始して以来、国内のレモン需要を創出し、市場(家庭用レモン果汁)をリード。いまも圧倒的な強さで、好調な販売を続けている。

 きっかけはカクテルだった。50年代後半、創業者の谷田利景氏はカクテルバーを経営していたのだが、当時カクテルに欠かせないレモンは輸入が自由化されておらずとても高価。そこでひらめいたのが、レモン風味の液体(合成レモン)をつくること。

 試行錯誤の末に完成させると、系列のバーから「うちにも売ってくれ」との声。その高まる要望に応えるべく商品化を決め、57年、のちに「ポッカレモン」となる瓶入りレモンを発売する。

「当初、カクテルの割り材として誕生した商品であったが、『フライなどにふりかけると料理がおいしくなる』『あればなにかと便利』と飲食業界で評判になり、家庭用食品としても展開を始めた」(食品ブランド戦略部レモン食品グループの有馬忠宏氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る