創業者はカクテルバー経営 「ポッカレモン100」誕生秘話

公開日:

 ポッカサッポロフード&ビバレッジの看板商品といえば、100%レモン果汁の「ポッカレモン100」だ。1957年にレモン事業を開始して以来、国内のレモン需要を創出し、市場(家庭用レモン果汁)をリード。いまも圧倒的な強さで、好調な販売を続けている。

 きっかけはカクテルだった。50年代後半、創業者の谷田利景氏はカクテルバーを経営していたのだが、当時カクテルに欠かせないレモンは輸入が自由化されておらずとても高価。そこでひらめいたのが、レモン風味の液体(合成レモン)をつくること。

 試行錯誤の末に完成させると、系列のバーから「うちにも売ってくれ」との声。その高まる要望に応えるべく商品化を決め、57年、のちに「ポッカレモン」となる瓶入りレモンを発売する。

「当初、カクテルの割り材として誕生した商品であったが、『フライなどにふりかけると料理がおいしくなる』『あればなにかと便利』と飲食業界で評判になり、家庭用食品としても展開を始めた」(食品ブランド戦略部レモン食品グループの有馬忠宏氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る