• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

育毛のイメージを変えた 花王「サクセス」開発の原点

 春を迎え、男性用化粧品売り場もにぎやかだ。中でも存在感を発揮しているのが、花王のメンズヘルスケアブランド「サクセス」。ヘアケアからシェービング、フェースケアまで、幅広い品揃えで大人の男の悩みに対応。とくに「薬用育毛トニック」「薬用シャンプー」は看板商品であり、それぞれのカテゴリーにおいて市場を牽引してきたヒット商品である。

 サクセスは1987年春、男の髪や頭皮の健康を考えたヘアケアブランドとして誕生した。まずはシャンプーやスタイリング剤を発売し、ターゲットである20代、30代の支持を得ると、秋には「薬用育毛トニック」を投入。これが当たった。「サクセスは育毛剤にヘアトニックのような爽快感をプラスして、育毛剤『育毛トニック』(医薬部外品)という新しいジャンルを創出。育毛という言葉が持つ年配者向けのイメージも払拭し、ヒットにつながった」(メンズヘルスケアグループの服部裕紀氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る