育毛のイメージを変えた 花王「サクセス」開発の原点

公開日:

 春を迎え、男性用化粧品売り場もにぎやかだ。中でも存在感を発揮しているのが、花王のメンズヘルスケアブランド「サクセス」。ヘアケアからシェービング、フェースケアまで、幅広い品揃えで大人の男の悩みに対応。とくに「薬用育毛トニック」「薬用シャンプー」は看板商品であり、それぞれのカテゴリーにおいて市場を牽引してきたヒット商品である。

 サクセスは1987年春、男の髪や頭皮の健康を考えたヘアケアブランドとして誕生した。まずはシャンプーやスタイリング剤を発売し、ターゲットである20代、30代の支持を得ると、秋には「薬用育毛トニック」を投入。これが当たった。「サクセスは育毛剤にヘアトニックのような爽快感をプラスして、育毛剤『育毛トニック』(医薬部外品)という新しいジャンルを創出。育毛という言葉が持つ年配者向けのイメージも払拭し、ヒットにつながった」(メンズヘルスケアグループの服部裕紀氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る