• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

風俗ライターが明かす 電車の痴漢で捕まらない“悪の手口”

 電車で痴漢の疑いをかけられた男が線路を走って逃げる事件が続いている。先日は逮捕者まで出た。

 こうした痴漢連中は捕まらないよう知恵を絞っている。そのひとつが女装作戦。女性の尻などを触り、腕をつかまれたら「私は性同一性障害」と言ってごまかすのだ。このほか最初から手を使わず、ペニスを女性の尻に押し付ける方法もある。「もっと巧妙なのが『コイン作戦』」とは風俗ライターの蛯名泰造氏。

「満員電車の中で床に小銭を転がし、拾うふりをして女性の尻に顔を近づけてニオイを嗅ぐ。電車が揺れれば顔が尻に触れることもあります。背の低い男はハイヒールをはいた長身女性の正面に立ち、揺れた瞬間に相手の胸に頬や鼻を接触させる。オッパイの感触と香水の香りを一挙に味わえます」

 捕まったときにニセ名刺を用意しているヤカラもいる。パソコンを使って有名企業の名刺を偽造。万一の際は名刺を渡し、「何かの間違いです。後日ボクの上司を交えて話し合いましょう。電話をください」と告げて立ち去る。痴漢の間では「駅長室に連行されたら絶対に有罪になる」「身分を明かせば逮捕されない」との言い伝えがあるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

もっと見る