風俗ライターが明かす 電車の痴漢で捕まらない“悪の手口”

公開日:

 電車で痴漢の疑いをかけられた男が線路を走って逃げる事件が続いている。先日は逮捕者まで出た。

 こうした痴漢連中は捕まらないよう知恵を絞っている。そのひとつが女装作戦。女性の尻などを触り、腕をつかまれたら「私は性同一性障害」と言ってごまかすのだ。このほか最初から手を使わず、ペニスを女性の尻に押し付ける方法もある。「もっと巧妙なのが『コイン作戦』」とは風俗ライターの蛯名泰造氏。

「満員電車の中で床に小銭を転がし、拾うふりをして女性の尻に顔を近づけてニオイを嗅ぐ。電車が揺れれば顔が尻に触れることもあります。背の低い男はハイヒールをはいた長身女性の正面に立ち、揺れた瞬間に相手の胸に頬や鼻を接触させる。オッパイの感触と香水の香りを一挙に味わえます」

 捕まったときにニセ名刺を用意しているヤカラもいる。パソコンを使って有名企業の名刺を偽造。万一の際は名刺を渡し、「何かの間違いです。後日ボクの上司を交えて話し合いましょう。電話をください」と告げて立ち去る。痴漢の間では「駅長室に連行されたら絶対に有罪になる」「身分を明かせば逮捕されない」との言い伝えがあるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る