• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

線路に飛び降り逃げた痴漢 列車遅延の損害賠償どうなる?

 痴漢の“容疑者”が線路に飛び降りて逃走する事件が都内で相次いだ。

「あなた、触ったでしょう!」

 3月14日朝、JR埼京線の電車内で20代女性から痴漢行為を問い詰められた中年男が、降りた池袋駅ホームで女性の肩を突き飛ばし、線路に飛び降りて逃走。この騒動で埼京線などが一時運転を見合わせ、約3万2000人に影響が出た。

 同29日夜にも、これまた埼京線の電車内で30代女性から「痴漢!」と手をつかまれた男が、赤羽駅ホーム先端の柵を乗り越え、線路に飛び降りて逃走。約3万9000人に影響が出た。

 なぜ埼京線ばかりという疑問はさておき、ネット上には「痴漢は逃げるが勝ち」なんて不埒な輩もいる。が、鉄道営業法違反容疑で書類送検されたタレントの松本伊代ら(3月21日に起訴猶予処分)の例もある。痴漢はむろん、線路内に無許可で立ち入るのも犯罪だ。そのうえ、逃げたせいで重大な列車事故を引き起こす危険性だってある。そうなったら、損害賠償はどうなるのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

もっと見る