通勤特化の車両も 首都圏で広がる「着席列車」の今と過去

公開日:

「着席列車」とは耳慣れない言葉だが、鉄道ジャーナリストの梅原淳氏によると、「乗車券に加えて指定席券を購入することで、座っていけることが保証される通勤列車のこと」で、首都圏の鉄道各社が相次いで導入している。

 たとえば、西武鉄道は先月25日から「Sトレイン」をスタート。平日は所沢駅と豊洲駅(東京メトロ有楽町線直通)間で朝に1本、夕方に3本運行する。平日の指定席料は一律510円。上りだと、途中の保谷駅と石神井公園駅は乗車のみ。池袋駅は通過し、降りられるのは飯田橋、有楽町、豊洲の3駅のみと、通勤用に特化する(下りはその逆)。

■定員分の整理券で着席保証していた

 梅原氏によれば、首都圏の着席列車は、小田急が1960年代にロマンスカーを夕方の下りで始めたのが元祖。JRでは、東北線が1984年(当時は国鉄)に始めた特急「ホームライナー大宮」が第1号とされる。92年には、京急が「ウィング号」を運行開始。座席指定ではなく、定員分の整理券を配ることで着席を保証するのが特徴だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    フランスの次は日本…トランプ恫喝で防衛費20兆円へ一直線

  9. 9

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  10. 10

    インスタで稼ぎ両親に家 タイ12歳“スーパー女装子”大人気

もっと見る