未使用なら10万円も 鉄道切符のレア度高める意外な要素

公開日:

 GWに出かける予定がある人は、旅の思い出を残しておくのはどうか。その“思い出”こそ、切符だ。自動改札が全盛の今こそ、モノによっては価値が高くなる。切符コレクターのためのネットショップ「kippu.biz」の担当者が言う。

「ネットオークションでは、10万円を超える切符も見かけることがあります」

 その時々のオークションの過熱ぶりにもよるそうだが、どんなものがレア切符になるのか。

「廃線になった駅の切符はレアと思われがちですが、そうでもない。“廃線予告”がアナウンスされるため、切符を買い求めて保存しておく人が多くなりやすいのです。狙い目は、有人だった駅がある日突然、無人駅となって、自動券売機でしか切符を買えなくなったようなケース。そんな駅の有人駅時代の切符がレアになりやすい。有人駅の窓口で買う切符を『マルス券』と言いますが、これを集めているコレクターが多いのです」(同)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る