• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

未使用なら10万円も 鉄道切符のレア度高める意外な要素

 GWに出かける予定がある人は、旅の思い出を残しておくのはどうか。その“思い出”こそ、切符だ。自動改札が全盛の今こそ、モノによっては価値が高くなる。切符コレクターのためのネットショップ「kippu.biz」の担当者が言う。

「ネットオークションでは、10万円を超える切符も見かけることがあります」

 その時々のオークションの過熱ぶりにもよるそうだが、どんなものがレア切符になるのか。

「廃線になった駅の切符はレアと思われがちですが、そうでもない。“廃線予告”がアナウンスされるため、切符を買い求めて保存しておく人が多くなりやすいのです。狙い目は、有人だった駅がある日突然、無人駅となって、自動券売機でしか切符を買えなくなったようなケース。そんな駅の有人駅時代の切符がレアになりやすい。有人駅の窓口で買う切符を『マルス券』と言いますが、これを集めているコレクターが多いのです」(同)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

もっと見る