山崎晴雄
著者のコラム一覧
山崎晴雄

1951年、東京都生まれ。東京都立大学(現・首都大学東京)大学院理学研究科地理学専攻修士課程修了。通産省工業技術院地質調査所主任研究官を経て、都立大教授。現在は、首都大学東京名誉教授、㈱ダイヤコンサルタント顧問。新著に「日本列島 100万年史」(講談社BLUE BACKS)がある。

ネアンデルタール人を滅ぼした「氷河期」が訪れる

公開日: 更新日:
立川も河原だった…(C)日刊ゲンダイ

 前回、2万年前の氷河期のピークに多摩川に大きな扇状地ができたという話をしましたが、扇状地は気候の変化による影響が大きい。当時は立川のあたりから調布まで河原が広がっていました。それが、気候がだんだん暖かくなったことで、植物が育って、山には木が生えました。川幅は狭まっていき、今の形…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 8

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

もっと見る