格安スマホ「満足」6割 それでも大手キャリア余裕のワケ

公開日: 更新日:

 大手キャリアーにとっては脅威なのか。

 調査会社「J・D・パワー」が先週24日に発表した、格安スマホとSIMカードサービスの顧客満足度調査(4月実施、総計8000人)のことだ。

 大手キャリアーから格安スマホ・SIMに切り替えた利用者のうち、6割以上が総じて「良くなった」と回答。とりわけ費用面は7割以上の利用者が満足しており、多くのユーザーが支払いが安くなったと実感している。となると、大手キャリアーは気が気じゃないのではないか。ITジャーナリストの井上トシユキ氏がこう言う。

「全然、心配していません。自社資産の有効活用ですよ。回線を所有している大手キャリアーはマージンを乗せて回線を格安業者に貸している。自ら顧客獲得やサービスをせずして、貸すだけで利益が得られるわけです。逆に、自社ブランドはターゲットを絞りやすくなった。高めの価格帯でも、きめ細かいサービス、高品質で差別化を図っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

  10. 10

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

もっと見る