格安スマホ「満足」6割 それでも大手キャリア余裕のワケ

公開日:

 大手キャリアーにとっては脅威なのか。

 調査会社「J・D・パワー」が先週24日に発表した、格安スマホとSIMカードサービスの顧客満足度調査(4月実施、総計8000人)のことだ。

 大手キャリアーから格安スマホ・SIMに切り替えた利用者のうち、6割以上が総じて「良くなった」と回答。とりわけ費用面は7割以上の利用者が満足しており、多くのユーザーが支払いが安くなったと実感している。となると、大手キャリアーは気が気じゃないのではないか。ITジャーナリストの井上トシユキ氏がこう言う。

「全然、心配していません。自社資産の有効活用ですよ。回線を所有している大手キャリアーはマージンを乗せて回線を格安業者に貸している。自ら顧客獲得やサービスをせずして、貸すだけで利益が得られるわけです。逆に、自社ブランドはターゲットを絞りやすくなった。高めの価格帯でも、きめ細かいサービス、高品質で差別化を図っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  8. 8

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    辺野古土砂投入…沖縄は人でなし首相と縁を切った方がいい

もっと見る