• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

法人契約に照準か ドコモ650円スマホ「MONO」のお得度は

 来月上旬に発売されるNTTドコモのオリジナルスマホ「MONO」に熱視線が集まっている。

 最大の売りは、激安価格だ。12カ月以上の継続契約が条件の「端末購入サポート」に入ると、本体価格3万2400円(税込み)が、オンラインなら648円、実店舗なら約650円で買える予定だ。12カ月以内に“解約”すると1万5876円の“違約金”が発生するが、安いのは安い。

 MONOは中国最大の上場通信メーカーZTE社製。画面サイズは4・7インチ、内蔵メモリーは、RAM(一時保存用)が2GB、ROM(ストレージ)が16GB。おサイフケータイやワンセグの機能はついていない。

「初めてスマホを買う若者や初心者を狙ったもので、必要最低限の機能は搭載されている。動画やアプリをガンガン使うヘビーユーザーには不向きですが、電話かメール、ちょっとした検索、せいぜいLINEしかしない中高年なら、スペック的には十分でしょう」(ITジャーナリストの井上トシユキ氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る