法人契約に照準か ドコモ650円スマホ「MONO」のお得度は

公開日:

 来月上旬に発売されるNTTドコモのオリジナルスマホ「MONO」に熱視線が集まっている。

 最大の売りは、激安価格だ。12カ月以上の継続契約が条件の「端末購入サポート」に入ると、本体価格3万2400円(税込み)が、オンラインなら648円、実店舗なら約650円で買える予定だ。12カ月以内に“解約”すると1万5876円の“違約金”が発生するが、安いのは安い。

 MONOは中国最大の上場通信メーカーZTE社製。画面サイズは4・7インチ、内蔵メモリーは、RAM(一時保存用)が2GB、ROM(ストレージ)が16GB。おサイフケータイやワンセグの機能はついていない。

「初めてスマホを買う若者や初心者を狙ったもので、必要最低限の機能は搭載されている。動画やアプリをガンガン使うヘビーユーザーには不向きですが、電話かメール、ちょっとした検索、せいぜいLINEしかしない中高年なら、スペック的には十分でしょう」(ITジャーナリストの井上トシユキ氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  4. 4

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  5. 5

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る