「タカラcanチューハイ」 缶の色とネーミングのヒミツ

公開日:

 宝酒造の「タカラcanチューハイ」は、1984年に誕生した元祖缶入りチューハイだ。ベースとなる焼酎にこだわった贅沢仕様で30年以上ヒットを続けている。昨年は待望のドライタイプ「タカラcanチューハイ<ドライ>」(同右)を投入。アルコール度数9%の飲みごたえ、糖質・プリン体・甘味料ゼロのキレのある味わいでファン層を拡大中だ。

 いまでは当たり前の缶入りチューハイも、発売当時は画期的だった。きっかけは居酒屋でのチューハイ(焼酎の炭酸割り)人気。80年代初め、同社の主力、宝焼酎「純」の売り上げも驚異的な伸びを示していた。そこで、居酒屋のチューハイの味を家庭でも楽しんでほしいと、“缶入り”商品の開発に着手する。

「当時のチューハイは若者を中心におしゃれな飲み物としてブームになっていた。その“新しさ”と“手軽さ”を表現するため缶飲料にこだわった」(商品部の内藤文洋氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る