今や定番 「ブルドック中濃ソース」不動人気までの道のり

公開日: 更新日:

 日本の食卓に欠かせないソース。その代表的存在といえるのが、115年の歴史をもつ「ブルドックソース」だ。とくに東日本で強さを発揮。1番人気の「中濃ソース」は圧倒的なシェアを誇る。

 豊富な野菜と果実に、たっぷりの食酢と自社工場でひいて独自にブレンドした香辛料等を加えて作られる「ブルドックソース」は、甘味とうま味が絶妙で、ほどよくスパイシーな日本人好みの味。かけてよし、混ぜてよしの万能調味料である。

「当初から“食卓に一本”を提案し、主婦層の支持を得た。その結果のロングセラーであり、現在は『おばあちゃんもお母さんもソースはブルドック』をキャッチコピーに販促を強化している」(経営企画室の担当者)

 はじまりは前身の「三澤屋商店」時代。1902年に食品卸商として創業した同社は、05年にソースの製造販売を開始する。ソースといえばウスターソースであり、その発祥は英国。さらりとした辛口のソースは料理の味付けに使う調味料として生まれたものだが、創業者の小島仲三郎氏が目指したのは洋食のカツレツなどにかけるソース。地元の東京・日本橋を中心に洋食店を食べ歩いて研究し、日本人の口に合うマイルドなソースを開発した。まずは委託製造。手応えを得たところで、独自ブランドの「ブルドックソース」を発売する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る