なんとシェア9割 「アースノーマット」一人勝ちの秘密

公開日: 更新日:

 液体電子蚊取りといえば、アース製薬の「アースノーマット」だ。1984年の発売以来、安心感と使いやすさで支持を得て、ロングセラーを続けている。年間売上高は100億円超。蚊取り市場をリードする存在であり、液体蚊取りに限定すれば約9割という圧倒的シェアを誇る(同社調べ)。

 開発は5年がかり。60年代までは蚊取り線香が定番で、その後は蚊取りマットも登場し人気を得ていたが、いずれも強力な競合商品があった。

「同じカテゴリーではなかなか勝てない。そこで(79年に)新しい蚊取り商品の開発に着手した」(ブランドマネジャーの渡辺優一氏=写真)

「燃焼時間が短い」「毎日交換しなくてはいけない」など、線香もマットもそれぞれ欠点がある。だったらそれらを解決すればいい。試行錯誤の末にたどり着いたのが、薬液をヒーターで温めて揮散する方式だった。持続時間は最低1カ月(1日12時間使用×30日=360時間)という目標を立て、薬液を吸い上げる「芯」を開発。かくして、好きなときに好きなだけ使用でき、最後まで安定した効き目を発揮する液体電子蚊取りが誕生した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る