なんとシェア9割 「アースノーマット」一人勝ちの秘密

公開日:

 液体電子蚊取りといえば、アース製薬の「アースノーマット」だ。1984年の発売以来、安心感と使いやすさで支持を得て、ロングセラーを続けている。年間売上高は100億円超。蚊取り市場をリードする存在であり、液体蚊取りに限定すれば約9割という圧倒的シェアを誇る(同社調べ)。

 開発は5年がかり。60年代までは蚊取り線香が定番で、その後は蚊取りマットも登場し人気を得ていたが、いずれも強力な競合商品があった。

「同じカテゴリーではなかなか勝てない。そこで(79年に)新しい蚊取り商品の開発に着手した」(ブランドマネジャーの渡辺優一氏=写真)

「燃焼時間が短い」「毎日交換しなくてはいけない」など、線香もマットもそれぞれ欠点がある。だったらそれらを解決すればいい。試行錯誤の末にたどり着いたのが、薬液をヒーターで温めて揮散する方式だった。持続時間は最低1カ月(1日12時間使用×30日=360時間)という目標を立て、薬液を吸い上げる「芯」を開発。かくして、好きなときに好きなだけ使用でき、最後まで安定した効き目を発揮する液体電子蚊取りが誕生した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る