なんとシェア9割 「アースノーマット」一人勝ちの秘密

公開日:

 液体電子蚊取りといえば、アース製薬の「アースノーマット」だ。1984年の発売以来、安心感と使いやすさで支持を得て、ロングセラーを続けている。年間売上高は100億円超。蚊取り市場をリードする存在であり、液体蚊取りに限定すれば約9割という圧倒的シェアを誇る(同社調べ)。

 開発は5年がかり。60年代までは蚊取り線香が定番で、その後は蚊取りマットも登場し人気を得ていたが、いずれも強力な競合商品があった。

「同じカテゴリーではなかなか勝てない。そこで(79年に)新しい蚊取り商品の開発に着手した」(ブランドマネジャーの渡辺優一氏=写真)

「燃焼時間が短い」「毎日交換しなくてはいけない」など、線香もマットもそれぞれ欠点がある。だったらそれらを解決すればいい。試行錯誤の末にたどり着いたのが、薬液をヒーターで温めて揮散する方式だった。持続時間は最低1カ月(1日12時間使用×30日=360時間)という目標を立て、薬液を吸い上げる「芯」を開発。かくして、好きなときに好きなだけ使用でき、最後まで安定した効き目を発揮する液体電子蚊取りが誕生した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

もっと見る