家で造るお酒の常識変えた「チョーヤの梅酒」の発想力

公開日:

 梅酒市場のパイオニア、チョーヤ(社名はチョーヤ梅酒)に注目だ。「紀州」「さらりとした梅酒」を中心に好調を続けており、昨年からは新たに「The CHOYA(ザ・チョーヤ)」も戦力に加わった。2016年の国内売上高は前年比103%。安定の強さである。

 チョーヤの梅酒は1959年に発売された「蝶矢 本格梅酒」が始まりだ。

「梅酒を造る上で大切なのは梅の質。当社は50年以上、和歌山県の梅農家とともに、梅酒に適した高品質の梅作りを行っている」(企画広報推進部の細谷悠夏氏)

 大阪のブドウ栽培農家を原点とするチョーヤは、もともとワインやブランデーを主力としていた。高品質なワインはよく売れたというが、創業者の金銅住太郎氏は先を見据えて方向転換。いずれ輸入が自由化されれば状況は変わる。本場の良質で安価なワインには勝てないと判断し、日本独自の商品を検討。身近でありながら、将来海外で販売できる可能性もある酒として選んだのが「梅酒」だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る