日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3日間550ミリの集中豪雨で荒川は氾濫し死者は2000人に

国交省作成の荒川氾濫時のイメージ(ユーチューブから)

 九州北部の記録的豪雨の発生から2週間。福岡県と大分県の死者数は30人を超え、連絡の取れない人もまだ多い。2014年の広島市の豪雨では土砂災害などで77人が死亡、翌年は鬼怒川の決壊で茨城県を中心に1万9000戸を超える家屋が被害を受けた(死者は8人)。次は首都・東京の番かもしれな…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事