• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

青短の募集停止で加速する 大学“お嬢さまブランド”の崩壊

 高嶺の花だったなんてオトーサンも多いんじゃないか。青山学院女子短期大学(東京都渋谷区)が、来春の入学生を最後に2019年度以降の学生募集を停止する。

「青短」といえば、女子短大のブランド校。現代教養学科と子ども学科があり、偏差値50~54は短大ではトップクラスだ。1950年に女子短大になってから、定員割れは一度もなかったという。それなのに、なぜ?

 大学通信ゼネラルマネジャーの安田賢治氏が、こう言う。

「女性の高学歴化が顕著になったのも大きいでしょうね。短大では保育士の育成や家政学、語学系の学部が多いですが、それよりも法学部、経済学部、理工系学部など、どんな企業でもキャリアが積める学部を目指す傾向があります」

 01年には学習院女子短大が廃止。07年には明治大短大、成城大短大が廃止に。近年の「共学」人気に加え、“お嬢様ブランド”が通用しなくなってきたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る