青短の募集停止で加速する 大学“お嬢さまブランド”の崩壊

公開日:

 高嶺の花だったなんてオトーサンも多いんじゃないか。青山学院女子短期大学(東京都渋谷区)が、来春の入学生を最後に2019年度以降の学生募集を停止する。

「青短」といえば、女子短大のブランド校。現代教養学科と子ども学科があり、偏差値50~54は短大ではトップクラスだ。1950年に女子短大になってから、定員割れは一度もなかったという。それなのに、なぜ?

 大学通信ゼネラルマネジャーの安田賢治氏が、こう言う。

「女性の高学歴化が顕著になったのも大きいでしょうね。短大では保育士の育成や家政学、語学系の学部が多いですが、それよりも法学部、経済学部、理工系学部など、どんな企業でもキャリアが積める学部を目指す傾向があります」

 01年には学習院女子短大が廃止。07年には明治大短大、成城大短大が廃止に。近年の「共学」人気に加え、“お嬢様ブランド”が通用しなくなってきたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る