日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

青短の募集停止で加速する 大学“お嬢さまブランド”の崩壊

 高嶺の花だったなんてオトーサンも多いんじゃないか。青山学院女子短期大学(東京都渋谷区)が、来春の入学生を最後に2019年度以降の学生募集を停止する。

「青短」といえば、女子短大のブランド校。現代教養学科と子ども学科があり、偏差値50~54は短大ではトップクラスだ。1950年に女子短大になってから、定員割れは一度もなかったという。それなのに、なぜ?

 大学通信ゼネラルマネジャーの安田賢治氏が、こう言う。

「女性の高学歴化が顕著になったのも大きいでしょうね。短大では保育士の育成や家政学、語学系の学部が多いですが、それよりも法学部、経済学部、理工系学部など、どんな企業でもキャリアが積める学部を目指す傾向があります」

 01年には学習院女子短大が廃止。07年には明治大短大、成城大短大が廃止に。近年の「共学」人気に加え、“お嬢様ブランド”が通用しなくなってきたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事