• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

子どもの車内放置…エアコン停止から何分で命の危険に?

 車中に残された小さな子らが熱中症で亡くなったというニュースはまったくなくならない。

 今年も5月に山口県防府市でパチンコ中の母親に置き去りにされ、生後2カ月の赤ちゃんが亡くなった。さらに先日、埼玉県上尾市の障害者施設の男性(19)が送迎用ワゴン車の中に放置されて死亡している。

 炎天下では、わずかな時間でも侮ってはいけない。日本自動車連盟(JAF)が最高気温35度の日の車中温度を測定したところ、黒い車の温度は最高で57度に達し、ダッシュボードは79度を記録した。白い車でも52度と74度だから、同じく命に関わるレベルだ。

 では、エアコンを切ってから何分くらいで危険な状態になるのか?

「実験では、エアコン停止からわずか15分で熱中症指数が危険レベルに達しました。お子さんが寝ているからといった理由で車内に残すのは、短時間であっても危険です」(JAF広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る