妻や彼女のココをチェック 「ドロ沼離婚」今どき回避術

公開日: 更新日:

 お互いの“過去”を理解して結婚しないと、いずれ必ず埋めがたい溝が生じる。ドロ沼離婚騒動の松居一代(60)と船越英一郎(56)は、まさにその典型で、松居は1996年に前夫と離婚した際も、夫の浮気を徹底的に糾弾してみせた。

「松居は前夫が残した億単位の借金も肩代わりしています。だから船越のカネと女性関係にも異常なほど神経をとがらせていた」(芸能ライター)

 これでは夫は息が詰まるが、最近は、穏やかな結婚生活を送れそうにない“難あり”の婚活女性が多いというから、吟味した方がいい。「婚活リベンジ!」の著者で、結婚相談所マリーミー代表の植草美幸氏が言う。

「30代後半~40歳くらいで、まだ“中高生感覚”のままでいる女性が増えています。親子で婚活のカウンセリングに来るアラフォー女性がゴマンといて、私がその女性をきつく注意すると、その場で『お母さんが悪い』と怒り出し、親子ゲンカが始まる。また、私に直接要望や不満を伝えにくいからと、父親経由で伝えてきたりします」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

  10. 10

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る