引退した競走馬にセカンドキャリアを 岩手の取り組みとは

公開日: 更新日:

 今月11日、国内最大のサラブレッド競り市「セレクトセール2017」で、ディープインパクト産駒の牡馬が5億8000万円で落札された。牡馬としては歴代最高、全体でも史上2番目となる金額である。関係者の期待通りに成長してGⅠを総ナメにすれば、引退後は種牡馬として働き、老後は牧場で穏やかに過ごすことになるのだろう。

 もっとも、これほど恵まれた馬は、ほんの一握り。多くの走れない馬は食肉用に回される。ペットとして家庭で飼えるサイズではないから、簡単に処分されてしまうのだ。

 そんな悲運の馬たちに新しい生き方が用意され始めている。岩手県の八幡平で、馬糞を地熱で発酵させて堆肥を作り、有機野菜を栽培する取り組みが行われているのだ。馬の仕事は、草を食べて糞をするだけ。いわば食っちゃ寝の生活で、信じられないような好待遇である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る