もし私が先に逝ったら…「夫の再婚」許せるor許せない?

公開日: 更新日:

 妻と死に別れた場合、世の夫たちは再婚する気にもなれないだろう。

「1年たったら、雨の季節に又戻ってくるから」

 恋愛小説「いま、会いにゆきます」(市川拓司)の妻は、こう言い残して旅立った。やがて小説は映画化され、この共演をきっかけに竹内結子中村獅童が実生活でも夫婦になっている。3年と持たなかったが……。

 いずれにせよ、竹内結子みたいな美人に「また会いにくるから」と言われてしまったら、それがたとえ記憶をなくした幽霊だとしても、おいそれとは再婚できない。最近は墓石に「愛」とか「誠」とかの文字を刻むのもはやっているが、これを女房にやられたら「死んでも私だけを見てて欲しい」と暗黙のうちに言われているような気がする。

 実際のところはどうなのか? 子育てママとしても奮闘中のイケメン評論家の沖直実氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  4. 4

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  5. 5

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  6. 6

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    左頬の刀傷と眼光…初めて生で見た安藤昇は想像以上の迫力

  10. 10

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

もっと見る