• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

もし私が先に逝ったら…「夫の再婚」許せるor許せない?

 妻と死に別れた場合、世の夫たちは再婚する気にもなれないだろう。

「1年たったら、雨の季節に又戻ってくるから」

 恋愛小説「いま、会いにゆきます」(市川拓司)の妻は、こう言い残して旅立った。やがて小説は映画化され、この共演をきっかけに竹内結子と中村獅童が実生活でも夫婦になっている。3年と持たなかったが……。

 いずれにせよ、竹内結子みたいな美人に「また会いにくるから」と言われてしまったら、それがたとえ記憶をなくした幽霊だとしても、おいそれとは再婚できない。最近は墓石に「愛」とか「誠」とかの文字を刻むのもはやっているが、これを女房にやられたら「死んでも私だけを見てて欲しい」と暗黙のうちに言われているような気がする。

 実際のところはどうなのか? 子育てママとしても奮闘中のイケメン評論家の沖直実氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る