もし私が先に逝ったら…「夫の再婚」許せるor許せない?

公開日:

 妻と死に別れた場合、世の夫たちは再婚する気にもなれないだろう。

「1年たったら、雨の季節に又戻ってくるから」

 恋愛小説「いま、会いにゆきます」(市川拓司)の妻は、こう言い残して旅立った。やがて小説は映画化され、この共演をきっかけに竹内結子と中村獅童が実生活でも夫婦になっている。3年と持たなかったが……。

 いずれにせよ、竹内結子みたいな美人に「また会いにくるから」と言われてしまったら、それがたとえ記憶をなくした幽霊だとしても、おいそれとは再婚できない。最近は墓石に「愛」とか「誠」とかの文字を刻むのもはやっているが、これを女房にやられたら「死んでも私だけを見てて欲しい」と暗黙のうちに言われているような気がする。

 実際のところはどうなのか? 子育てママとしても奮闘中のイケメン評論家の沖直実氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る