夫の死後に義父母と縁切り 急増する「死後離婚」って何?

公開日:

「夫と同じ墓に入りたくない」「死んでまで姑と一緒なんてイヤ」

 こうした考えの妻たちがいることは、以前からいわれてきた。墓の中まで……。嫁と姑のいさかいは、いつの時代も根が深いのだ。昨今は、50歳になっても結婚しない義兄や出戻りの義理の姉らの存在も増えている。“跡取り息子の妻”たちの立場は、複雑になっていると言っていい。

 そんな中で、「死後離婚」が、新たなキーワードとして浮上している。文字通り、夫(配偶者)が死んだ後に“離婚”することである。

「通常の離婚は、離婚届を出すことで夫婦の縁は切れ、自動的に双方の姻族との関係も消滅します。ですが、死別のケースは事情が違う。たとえば、58歳の夫(配偶者)が急死した場合、婚姻関係はなくなりますが、義理の親の扶養義務などはそのまま継続されるのです」(「谷口咲司法書士事務所」谷口咲氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る