長靴は危険…会社に常備すべき「豪雨時の4点セット」とは

公開日: 更新日:

 昨年9月、台風10号の豪雨被害の視察で岩手県岩泉町を訪れた務台俊介政務官(当時)が、同行した政府職員に「おんぶ」されて水たまりを渡り世間から批判を浴びた。被災地に長靴を持参せずに丈の短い靴で訪問したためで、これがきっかけで更迭されたが、実は専門家たちは「豪雨に長靴こそ危険」と指摘している。

 防災・危機管理アドバイザーで防災システム研究所の山村武彦氏はこう言う。

「濁流は短時間で、数十センチ、場合によっては1メートル近い高さになる。水かさが膝近くになれば当然、長靴のスキマから、水や土砂が入り込む。歩きにくく足を取られる危険があり、長靴は避けるべきです。材木やトタンが流れてくるので、ケガをする恐れのある裸足やサンダルもダメ。豪雨時の避難は、スニーカーのように足を固定できる紐靴を履いてください」

 最近は若い女性の間で、おしゃれなレインブーツがはやっているが、これも危機管理的には疑問。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る