すでに申込者300万人突破 「1日自動車保険」のお手軽度

公開日:

 普段はペーパードライバーでも、帰省して親の車を運転することがあるかもしれない。仲間と交代で車を運転しながら旅行することもあるだろう。そんなときに重宝するのが、自動車の1日保険だ。

 東京海上日動火災は、5年前に「ちょいのり保険」の販売をスタート。24時間単位で加入できる自動車保険で、親や友人など第三者名義の車を運転中の事故を補償する。スマホから申し込みで、保険期間24時間で車両補償なしなら、保険料は500円とワンコインだ。その手軽さから、累計申込者数は300万人を突破している。

 自動車ジャーナリストの横田晃氏が言う。

「各種調査から20代で車を所有する人が減少しているのは歴然で、若者の車離れが進んでいるのは事実です。しかし、彼らが出かけることを嫌っているわけではない。気の合う仲間と盛り上がって車で出かけることはあります。そういう需要をくみ取ったのがカーシェアで、若者が利用するケースは少なくありません。『より料金を安く』という人は、身内や友人の車を利用する。1日保険はそこに目をつけ、“インシュランスシェア”をした格好ですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る