専門家に聞いた 夏休みに「子供の格差」が開きやすい理由

公開日: 更新日:

 駅や空港は行楽客の家族連れでごった返しているが、夏休みほど子供の格差が開きやすいという。なぜか。学習支援団体「八王子つばめ塾」の小宮位之理事長が言う。

「夏休みにはたくさんの宿題が出されますが、ひとり親で昼夜働きづめだと、子供は分からない問題を親に聞くことができません。塾に通う余裕がない子供だと、1学期の復習もできません。夏休みにかけられる教育費によって、子供たちの学力は差がつきやすいのです。受験生は、多くの子が夏期講習や塾の夏合宿に通いますが、それができずに、志望校を諦めたり、高校進学のモチベーションを落としたりする生徒がいるのです」

 日本能率協会の2016年の調査によると、夏休みの自由研究のテーマは、「親子で話し合って決める」小学生の親が8割に上る。親が仕事に追われていると、それもままならない。自由研究の成果は2学期の成績に反映されるため、さらに格差が開くのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  6. 6

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  7. 7

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  8. 8

    脚本家・三谷幸喜さんが語る“シットコム”への新たな思い

  9. 9

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  10. 10

    巨人上位候補 天理大148km左腕・森浦&明石商・来田の実力

もっと見る