• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小川泰平さん<3> 新人刑事はお茶くみ3年で感性を磨く

犯罪ジャーナリスト・小川泰平さん(C)日刊ゲンダイ

「小川、補助官として取調室に入れ」

 川崎市で発生した強盗殺人事件の特捜本部に入り、初めて殺人事件の取り調べに補助官として携わりました。取調官は、捜査1課のエースといわれていた40代後半の警部補です。取り調べは朝9時からで、徹夜明けの体にはきつかった…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事