• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

赤川次郎さん<6>初のシナリオがドラマに 脚本料は15万円

本名で書き会社にもバレた(C)日刊ゲンダイ

 小説は、社会人になる前から、誰に読ませるわけでもなく書いていた。ただ、24歳のときに隣に座っていた同い年の同僚女性と結婚、2年後には子供も生まれたことで、書く時間はどんどん取れなくなっていた。

「このままだと書かなくなるなあと感じていたので、いっそ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事