• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

赤川次郎さん<7>「三毛猫ホームズの推理」が大ヒット

会社を辞める気はなかった(提供写真)

 シナリオから2年後に応募したオール読物推理小説新人賞を「幽霊列車」で受賞した。1976年のことだった。これで小説家としてスタートラインに立ったことになる。

 それでも「日本機械学会」の仕事を辞めるつもりはなかった。

「…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事