日本人の味覚研究「ミンティア」 縦型から横型でブレーク

公開日:

 気分をリフレッシュしたいときは、やっぱりミントタブレット――という人は多いはず。そこで、16年連続で過去最高の売り上げ(2016年は194億円)を更新中の「ミンティア」に注目したい。

 常時10~12種類が揃うレギュラーシリーズと、大粒タイプのブリーズシリーズを2本柱に、錠菓市場において圧倒的シェアを誇るアサヒグループ食品のミンティア。この秋には新たなシリーズも登場するなど、ブランド力は高まる一方だが、実は遅咲きで、1996年の発売当初は苦戦。人気に火がついたのは2000年代になってからである。

 先行の競合商品が200円で市場をつくる中、100円で参入。幅広い層にアプローチする戦略がようやく実を結び始めるのは02年、パッケージのリニューアルがきっかけだ。縦型から横型に変えたことで売り場での視認性が高まり、100円という価格設定も本来のプラス材料となった。さらに05年には中身も大幅に改良、一気にブレークを果たす。以来、好調を維持。国産ブランドならではの日本人の味覚に合わせた商品展開が人気を決定付けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る