• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本人の味覚研究「ミンティア」 縦型から横型でブレーク

 気分をリフレッシュしたいときは、やっぱりミントタブレット――という人は多いはず。そこで、16年連続で過去最高の売り上げ(2016年は194億円)を更新中の「ミンティア」に注目したい。

 常時10~12種類が揃うレギュラーシリーズと、大粒タイプのブリーズシリーズを2本柱に、錠菓市場において圧倒的シェアを誇るアサヒグループ食品のミンティア。この秋には新たなシリーズも登場するなど、ブランド力は高まる一方だが、実は遅咲きで、1996年の発売当初は苦戦。人気に火がついたのは2000年代になってからである。

 先行の競合商品が200円で市場をつくる中、100円で参入。幅広い層にアプローチする戦略がようやく実を結び始めるのは02年、パッケージのリニューアルがきっかけだ。縦型から横型に変えたことで売り場での視認性が高まり、100円という価格設定も本来のプラス材料となった。さらに05年には中身も大幅に改良、一気にブレークを果たす。以来、好調を維持。国産ブランドならではの日本人の味覚に合わせた商品展開が人気を決定付けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る