日本人の味覚研究「ミンティア」 縦型から横型でブレーク

公開日:

 気分をリフレッシュしたいときは、やっぱりミントタブレット――という人は多いはず。そこで、16年連続で過去最高の売り上げ(2016年は194億円)を更新中の「ミンティア」に注目したい。

 常時10~12種類が揃うレギュラーシリーズと、大粒タイプのブリーズシリーズを2本柱に、錠菓市場において圧倒的シェアを誇るアサヒグループ食品のミンティア。この秋には新たなシリーズも登場するなど、ブランド力は高まる一方だが、実は遅咲きで、1996年の発売当初は苦戦。人気に火がついたのは2000年代になってからである。

 先行の競合商品が200円で市場をつくる中、100円で参入。幅広い層にアプローチする戦略がようやく実を結び始めるのは02年、パッケージのリニューアルがきっかけだ。縦型から横型に変えたことで売り場での視認性が高まり、100円という価格設定も本来のプラス材料となった。さらに05年には中身も大幅に改良、一気にブレークを果たす。以来、好調を維持。国産ブランドならではの日本人の味覚に合わせた商品展開が人気を決定付けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る