日本人の味覚研究「ミンティア」 縦型から横型でブレーク

公開日: 更新日:

 気分をリフレッシュしたいときは、やっぱりミントタブレット――という人は多いはず。そこで、16年連続で過去最高の売り上げ(2016年は194億円)を更新中の「ミンティア」に注目したい。

 常時10~12種類が揃うレギュラーシリーズと、大粒タイプのブリーズシリーズを2本柱に、錠菓市場において圧倒的シェアを誇るアサヒグループ食品のミンティア。この秋には新たなシリーズも登場するなど、ブランド力は高まる一方だが、実は遅咲きで、1996年の発売当初は苦戦。人気に火がついたのは2000年代になってからである。

 先行の競合商品が200円で市場をつくる中、100円で参入。幅広い層にアプローチする戦略がようやく実を結び始めるのは02年、パッケージのリニューアルがきっかけだ。縦型から横型に変えたことで売り場での視認性が高まり、100円という価格設定も本来のプラス材料となった。さらに05年には中身も大幅に改良、一気にブレークを果たす。以来、好調を維持。国産ブランドならではの日本人の味覚に合わせた商品展開が人気を決定付けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る