地道に試食販売 ミツカン「カンタン酢」がヒットするまで

公開日: 更新日:

 手軽に使える調味酢の市場が拡大している。中でも人気なのが、ミツカンの「カンタン酢」シリーズだ。2008年の発売以来、売り上げは右肩上がりを続けており、17年も3~7月累計で前年比1.3倍以上と好調に推移。食酢大手の同社において、主力ブランドに成長している。

 カンタン酢は08年、「カンタンいろいろ使えま酢」として誕生した。砂糖や塩を合わせる必要がなく、これ1本で酢の物、すし、ピクルス、肉料理など、いろいろな食酢メニューが簡単に作れる調味酢。まさに名前通りの商品である。

「当時、食酢の中でも、すし酢などの調味酢の売れ行きが伸びていた。調べてみると、ドレッシングや酢の物など、本来の用途以外の利用も多いことが分かり、ニーズは高いと判断。開発に至った」(MD本部商品企画部の柳沢和浩氏)

 ベースは米酢とりんご酢。そこに昆布とかつおのだしと甘味を加え、まろやかな風味に仕上げた。塩分控えめも実現。完成度の高さは食酢メーカーならではである。とにかく、いろいろ使えること、しかも手軽に、失敗なく調味できることを知ってもらう。店頭での試食販売には力を入れた。地道な展開だが、反響はダイレクト。「鶏の甘酢照り焼き」など、試食販売から火がついた人気メニューも多く、ヒットを語るうえで外せないポイントだ。もちろん、練りに練った戦略も奏功。常備野菜を活用できる「フレッシュピクルス」のアプローチで人気を決定づけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る