• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

地道に試食販売 ミツカン「カンタン酢」がヒットするまで

 手軽に使える調味酢の市場が拡大している。中でも人気なのが、ミツカンの「カンタン酢」シリーズだ。2008年の発売以来、売り上げは右肩上がりを続けており、17年も3~7月累計で前年比1.3倍以上と好調に推移。食酢大手の同社において、主力ブランドに成長している。

 カンタン酢は08年、「カンタンいろいろ使えま酢」として誕生した。砂糖や塩を合わせる必要がなく、これ1本で酢の物、すし、ピクルス、肉料理など、いろいろな食酢メニューが簡単に作れる調味酢。まさに名前通りの商品である。

「当時、食酢の中でも、すし酢などの調味酢の売れ行きが伸びていた。調べてみると、ドレッシングや酢の物など、本来の用途以外の利用も多いことが分かり、ニーズは高いと判断。開発に至った」(MD本部商品企画部の柳沢和浩氏)

 ベースは米酢とりんご酢。そこに昆布とかつおのだしと甘味を加え、まろやかな風味に仕上げた。塩分控えめも実現。完成度の高さは食酢メーカーならではである。とにかく、いろいろ使えること、しかも手軽に、失敗なく調味できることを知ってもらう。店頭での試食販売には力を入れた。地道な展開だが、反響はダイレクト。「鶏の甘酢照り焼き」など、試食販売から火がついた人気メニューも多く、ヒットを語るうえで外せないポイントだ。もちろん、練りに練った戦略も奏功。常備野菜を活用できる「フレッシュピクルス」のアプローチで人気を決定づけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る