• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

花王「キュレル」 乾燥性敏感肌の悩みに着目し2ケタ成長

 花王のスキンケアブランド、乾燥性敏感肌を考えた「キュレル」が好調だ。1999年の誕生以来、“セラミドケア”という技術的な根拠に基づいて、顔だけでなく、からだ、頭皮まで、肌悩みに応える商品を展開。近年は、美白ケアやUVケアなど、ニーズ対応にも力を入れており、圧倒的な品揃えで2ケタ成長(直近5年)を続けている。

 76年に本格始動した花王の皮膚科学研究。乾燥性敏感肌という言葉もなかった時代から、同社は乾燥・肌あれに悩む声に耳を傾けてきた。何とか解決に導きたい。そこで着目したのが肌の必須成分「セラミド」だ。潤いを保ち、外部刺激から肌を守る、いわば肌のバリアー機能の主役となるセラミド。乾燥性敏感肌は、その不足によって引き起こされることから、87年、独自に「セラミド機能成分」を開発する。

「セラミドは健康な肌づくりに欠かせない。だったら、化粧品に入れてあげればいいとなるが、80年代、天然のセラミドはとても高価で、効果が出る量まで配合するのは大変なことだった。そこで、天然セラミドと同等の保湿効果を発揮するセラミド機能成分を開発。天然セラミドの働きを補えるほどの量を、安定的に配合することに成功した」(スキンケア事業グループの篠原正和氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る