【アボカドとアーモンドのピリ辛ポテトサラダ】アーモンドの食感がアクセント

公開日: 更新日:

ローゼンタール(東京・銀座)

 ポテサラほどアレンジ自在で自由なつまみはない。この店の場合は、ピリリとした柚子こしょうの辛みとアーモンドのカリッとした食感がアクセントだ。

「母の実家が佐賀県で柚子こしょう文化圏。叔父が冬になると自家製の柚子こしょうをたくさん送ってくれるので」と生まれたのがこのメニューだ。アボカドは柚子こしょうの塩気をマイルドにする役割で「同系色のものを合わせると、大体おいしいという法則があるんです」と島田さん。

 最大のポイントは混ぜすぎないこと。

「酒のつまみで大事なのは勢い。さっくり混ぜて、ざくっと盛った、その勢いが味になる。空気を食べているような感覚ですね」

 アボカドがじゃがいもにきちんとなじむまで混ぜてしまうのはダメで、アボカドグリーンがまだなくならないくらいがちょうどいい。確かに、ランダムなほうがひと口食べるたびに味も食感も変化があって、飽きることなく、間違いなく酒が進む。

「じゃがいもはできれば弱火でじっくり1時間茹でるとホクホクした食感になるります。何個か茹でてつぶして、ポテトサラダのもととして冷蔵しておくと、すぐに作れて便利です。ただし、3日くらいで使い切ってくださいね」

《材料》
じゃがいも(男爵系) 1個
アボカド      2分の1個
オリーブオイル   大さじ1
白ワインビネガー    適量
柚子こしょう 小さじ1(少なめに入れ味見をしながら加減を)
アーモンド 10粒(包丁の背でつぶしておく)

《レシピ》

(1)じゃがいもは皮ごと茹で、芯に火が通ったら粗くつぶして冷ましておく。
(2)ボウルにアボカドを入れ、①とオリーブオイル、白ワインビネガー、柚子こしょうを加え、スプーンでアボカドをつぶしながら混ぜる。
(3)アーモンドを入れてさっくり混ぜる。

今日の達人 島田由美子さん

▽しまだ・ゆみこ 神奈川県相模原市出身
。大学卒業後、出版社に2年間勤務の後、フランスに1年遊学。帰国後、ワイン雑誌の編集に3年間携わった後、2003年から「ワインセラー ローゼンタール」の店長となる。2015年からオーナー。

▼「ワインセラー ローゼンタール」
 JR新橋駅銀座口から徒歩7分。ドイツワインと、自家菜園から届く季節の野菜料理が楽しめる大人の気楽な談話室。季節のフェアや月に1度ワイン会も開催。10月はきのこやサンマ、栗などの「秋の味覚フェア」を開催。
東京都中央区銀座8―7―11 ソワレ・ド・銀座第2弥生ビル8階 営業時間18時30分~23時 日曜・祝日定休 ℡03・3574・8758

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る