象印の高級ライン「極め羽釜」 は“かまど炊きの味”を追求

公開日: 更新日:

 新米の季節。人気の高級炊飯ジャーに注目だ。象印マホービンの圧力IH炊飯ジャー「極め羽釜」シリーズは、「かまどで炊いたごはんのおいしさを家庭用炊飯ジャーで手軽に」との思いのもと、業界に先駆けて、羽釜形状の内釜を採用。2010年に初代を発売し、翌年には「南部鉄器」で素材も極めて大ヒット。以来、進化を重ねながら、売り上げを伸ばしている。

 広く浅い形状の「極め羽釜」は象印独自の技術。「効率よく熱を伝える内釜に、大火力と高圧力をかけることで、加熱ムラを抑え、底までふっくら炊き上げる」(第一事業部マネジャーの後藤譲氏)と自信を見せる。つまりはおいしさの決め手。高級炊飯ジャー市場において、内釜は大事な勝負どころである。

 はじまりは09年2月。象印は炊飯ジャーのトップメーカーだが、当時、店頭価格が5万円を超える高級ラインにおいては後れを取っていたことから、いったん立ち止まり、ゼロからのチャレンジを決意。目指すは「ひとりの不満も出さない、昔ながらのかまどで炊いたごはんのおいしさ」だ。究極の味わいを実現するため、かまど炊きでごはんがおいしいと評判の店を探して弟子入り。さまざまな教えを受ける中で「広く浅い釜で、ムラなく炊く」という方向性が明確になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  2. 2

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  3. 3

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  4. 4

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

  5. 5

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  6. 6

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  7. 7

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  8. 8

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  9. 9

    田村厚労相が論文引用で墓穴 研究見解が180度変わっていた

  10. 10

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

もっと見る