象印の高級ライン「極め羽釜」 は“かまど炊きの味”を追求

公開日: 更新日:

 新米の季節。人気の高級炊飯ジャーに注目だ。象印マホービンの圧力IH炊飯ジャー「極め羽釜」シリーズは、「かまどで炊いたごはんのおいしさを家庭用炊飯ジャーで手軽に」との思いのもと、業界に先駆けて、羽釜形状の内釜を採用。2010年に初代を発売し、翌年には「南部鉄器」で素材も極めて大ヒット。以来、進化を重ねながら、売り上げを伸ばしている。

 広く浅い形状の「極め羽釜」は象印独自の技術。「効率よく熱を伝える内釜に、大火力と高圧力をかけることで、加熱ムラを抑え、底までふっくら炊き上げる」(第一事業部マネジャーの後藤譲氏)と自信を見せる。つまりはおいしさの決め手。高級炊飯ジャー市場において、内釜は大事な勝負どころである。

 はじまりは09年2月。象印は炊飯ジャーのトップメーカーだが、当時、店頭価格が5万円を超える高級ラインにおいては後れを取っていたことから、いったん立ち止まり、ゼロからのチャレンジを決意。目指すは「ひとりの不満も出さない、昔ながらのかまどで炊いたごはんのおいしさ」だ。究極の味わいを実現するため、かまど炊きでごはんがおいしいと評判の店を探して弟子入り。さまざまな教えを受ける中で「広く浅い釜で、ムラなく炊く」という方向性が明確になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  4. 4

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  5. 5

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  6. 6

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  7. 7

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  8. 8

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  9. 9

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  10. 10

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る