象印の高級ライン「極め羽釜」 は“かまど炊きの味”を追求

公開日:

 新米の季節。人気の高級炊飯ジャーに注目だ。象印マホービンの圧力IH炊飯ジャー「極め羽釜」シリーズは、「かまどで炊いたごはんのおいしさを家庭用炊飯ジャーで手軽に」との思いのもと、業界に先駆けて、羽釜形状の内釜を採用。2010年に初代を発売し、翌年には「南部鉄器」で素材も極めて大ヒット。以来、進化を重ねながら、売り上げを伸ばしている。

 広く浅い形状の「極め羽釜」は象印独自の技術。「効率よく熱を伝える内釜に、大火力と高圧力をかけることで、加熱ムラを抑え、底までふっくら炊き上げる」(第一事業部マネジャーの後藤譲氏)と自信を見せる。つまりはおいしさの決め手。高級炊飯ジャー市場において、内釜は大事な勝負どころである。

 はじまりは09年2月。象印は炊飯ジャーのトップメーカーだが、当時、店頭価格が5万円を超える高級ラインにおいては後れを取っていたことから、いったん立ち止まり、ゼロからのチャレンジを決意。目指すは「ひとりの不満も出さない、昔ながらのかまどで炊いたごはんのおいしさ」だ。究極の味わいを実現するため、かまど炊きでごはんがおいしいと評判の店を探して弟子入り。さまざまな教えを受ける中で「広く浅い釜で、ムラなく炊く」という方向性が明確になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る