大豆の栄養を気軽に 「SOYJOY」売り上げ好調の背景

公開日:

 大塚製薬が展開する大豆のワンハンドバー「SOYJOY(ソイジョイ)」が再ブレーク中だ。2006年の発売以来、大豆の栄養を手軽においしく取れる商品設計で圧倒的な支持を得ながら、近年は多彩なシリーズ展開でファン層を拡大。16年度は前年度比108%となる136万ケースを販売している。

 1本約35粒のまるごと大豆と素材本来の味わい。現在はフルーツ系、ナッツ系、クリスピーで全12品を展開する。売り上げトップは「アーモンド&チョコレート」。以下「ストロベリー」「ブルーベリー」、そしてクリスピーの「ホワイトマカダミア」が続く。

「改めて、栄養とおいしさの両方を兼ね備えている商品だと自負している」(ニュートラシューティカルズ事業部の田中拓野氏=写真)

 大豆の栄養といえば植物性タンパク質。健康な体づくりに欠かせないタンパク質は、動物性と植物性をバランスよく摂取するのが理想だが、食生活の多様化で植物性タンパク質は不足しがち。そこで片手で手軽に食べられる「ソイジョイ」の出番となる。カギは大豆をまるごと粉状(うす皮を除く)にした「大豆粉」。実は大塚グループは早くから大豆に着目しており、すでに大塚チルド食品が大豆粉を使った健康飲料「スゴイダイズ」を発売していた。そんな実績があっての「大豆をバータイプの焼き菓子にする」発想である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る