大豆の栄養を気軽に 「SOYJOY」売り上げ好調の背景

公開日: 更新日:

 大塚製薬が展開する大豆のワンハンドバー「SOYJOY(ソイジョイ)」が再ブレーク中だ。2006年の発売以来、大豆の栄養を手軽においしく取れる商品設計で圧倒的な支持を得ながら、近年は多彩なシリーズ展開でファン層を拡大。16年度は前年度比108%となる136万ケースを販売している。

 1本約35粒のまるごと大豆と素材本来の味わい。現在はフルーツ系、ナッツ系、クリスピーで全12品を展開する。売り上げトップは「アーモンド&チョコレート」。以下「ストロベリー」「ブルーベリー」、そしてクリスピーの「ホワイトマカダミア」が続く。

「改めて、栄養とおいしさの両方を兼ね備えている商品だと自負している」(ニュートラシューティカルズ事業部の田中拓野氏=写真)

 大豆の栄養といえば植物性タンパク質。健康な体づくりに欠かせないタンパク質は、動物性と植物性をバランスよく摂取するのが理想だが、食生活の多様化で植物性タンパク質は不足しがち。そこで片手で手軽に食べられる「ソイジョイ」の出番となる。カギは大豆をまるごと粉状(うす皮を除く)にした「大豆粉」。実は大塚グループは早くから大豆に着目しており、すでに大塚チルド食品が大豆粉を使った健康飲料「スゴイダイズ」を発売していた。そんな実績があっての「大豆をバータイプの焼き菓子にする」発想である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  5. 5

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  6. 6

    鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

  7. 7

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  8. 8

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  9. 9

    櫻井翔ありきで半月早まった「紅白歌合戦」司会発表の裏側

  10. 10

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る