井村屋「やわもちアイス」はコンビニデザートがヒントに

公開日: 更新日:

 今やあずきバーに次ぐアイスの主力、井村屋の「やわもちアイス」シリーズが売れている。名前のとおり、冷凍下でも“やわらかいもち”が特徴の和デザートアイスは、2012年11月に「つぶあんミルクカップ」でスタートして以来成長を続けており、シリーズ全体の累計販売個数は昨年9月に早くも1億個を突破。新フレーバー「わらびもち」の好調もプラス材料となり、16年度の売上高は、前年比57%増と大きく伸長した。

「やわもちアイス」は、ひと口大のもちと濃厚なつぶあん、そしてアイスの3層仕立て。甘味処で楽しめるような、本格的な和スイーツの味わいが人気の理由だ。

「近年、アイスをデザートとして食べる人が増え、夏場だけでなく冬場もアイスの需要が伸びていることも好調を後押ししている」(開発部の嶋田孝弘氏)

「あずきバー」という圧倒的なロングセラー商品を持つ井村屋にとって、アイス開発はずばり、「あずきバーに続くブランドをつくる」こと。そんな大きな課題のヒントはコンビニデザートにあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  10. 10

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

もっと見る