• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

井村屋「やわもちアイス」はコンビニデザートがヒントに

 今やあずきバーに次ぐアイスの主力、井村屋の「やわもちアイス」シリーズが売れている。名前のとおり、冷凍下でも“やわらかいもち”が特徴の和デザートアイスは、2012年11月に「つぶあんミルクカップ」でスタートして以来成長を続けており、シリーズ全体の累計販売個数は昨年9月に早くも1億個を突破。新フレーバー「わらびもち」の好調もプラス材料となり、16年度の売上高は、前年比57%増と大きく伸長した。

「やわもちアイス」は、ひと口大のもちと濃厚なつぶあん、そしてアイスの3層仕立て。甘味処で楽しめるような、本格的な和スイーツの味わいが人気の理由だ。

「近年、アイスをデザートとして食べる人が増え、夏場だけでなく冬場もアイスの需要が伸びていることも好調を後押ししている」(開発部の嶋田孝弘氏)

「あずきバー」という圧倒的なロングセラー商品を持つ井村屋にとって、アイス開発はずばり、「あずきバーに続くブランドをつくる」こと。そんな大きな課題のヒントはコンビニデザートにあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る