井村屋「やわもちアイス」はコンビニデザートがヒントに

公開日:

 今やあずきバーに次ぐアイスの主力、井村屋の「やわもちアイス」シリーズが売れている。名前のとおり、冷凍下でも“やわらかいもち”が特徴の和デザートアイスは、2012年11月に「つぶあんミルクカップ」でスタートして以来成長を続けており、シリーズ全体の累計販売個数は昨年9月に早くも1億個を突破。新フレーバー「わらびもち」の好調もプラス材料となり、16年度の売上高は、前年比57%増と大きく伸長した。

「やわもちアイス」は、ひと口大のもちと濃厚なつぶあん、そしてアイスの3層仕立て。甘味処で楽しめるような、本格的な和スイーツの味わいが人気の理由だ。

「近年、アイスをデザートとして食べる人が増え、夏場だけでなく冬場もアイスの需要が伸びていることも好調を後押ししている」(開発部の嶋田孝弘氏)

「あずきバー」という圧倒的なロングセラー商品を持つ井村屋にとって、アイス開発はずばり、「あずきバーに続くブランドをつくる」こと。そんな大きな課題のヒントはコンビニデザートにあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る