カメラで配達人確認 「アマゾン・キー」は日本で売れるか

公開日:

 インターネット通販最大手の米アマゾン・ドット・コムが来月8日から、有料会員を対象に不在時でもドアを解錠して室内に商品を届けるサービス「アマゾン・キー」を米37都市・地域で始めるが、果たして日本で広がるか。

 配達人の不正防止のため、カメラで監視し、利用者もスマートフォンでチェックできるようにする。サービス利用には、玄関ドアに取り付ける専用ロックと監視カメラが必要で、価格は約250ドル(約2万8000円)。

 配達人は配送先に到着すると専用端末でドアの解錠を要求。アマゾンのシステムが荷物や住所などを確認し、遠隔操作で解錠する。利用者は、スマホのアプリを通じて配送の連絡を受けたり、作業の様子を確認したりできる。

 米国では宅配荷物が玄関前に置かれることが多く、盗難などのリスクが高い。アマゾンはアマゾン・キーを宅配にとどまらず、清掃やペットの世話などの家庭向けサービスにも応用する計画だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る