カメラで配達人確認 「アマゾン・キー」は日本で売れるか

公開日:

 インターネット通販最大手の米アマゾン・ドット・コムが来月8日から、有料会員を対象に不在時でもドアを解錠して室内に商品を届けるサービス「アマゾン・キー」を米37都市・地域で始めるが、果たして日本で広がるか。

 配達人の不正防止のため、カメラで監視し、利用者もスマートフォンでチェックできるようにする。サービス利用には、玄関ドアに取り付ける専用ロックと監視カメラが必要で、価格は約250ドル(約2万8000円)。

 配達人は配送先に到着すると専用端末でドアの解錠を要求。アマゾンのシステムが荷物や住所などを確認し、遠隔操作で解錠する。利用者は、スマホのアプリを通じて配送の連絡を受けたり、作業の様子を確認したりできる。

 米国では宅配荷物が玄関前に置かれることが多く、盗難などのリスクが高い。アマゾンはアマゾン・キーを宅配にとどまらず、清掃やペットの世話などの家庭向けサービスにも応用する計画だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る