カメラで配達人確認 「アマゾン・キー」は日本で売れるか

公開日: 更新日:

 インターネット通販最大手の米アマゾン・ドット・コムが来月8日から、有料会員を対象に不在時でもドアを解錠して室内に商品を届けるサービス「アマゾン・キー」を米37都市・地域で始めるが、果たして日本で広がるか。

 配達人の不正防止のため、カメラで監視し、利用者もスマートフォンでチェックできるようにする。サービス利用には、玄関ドアに取り付ける専用ロックと監視カメラが必要で、価格は約250ドル(約2万8000円)。

 配達人は配送先に到着すると専用端末でドアの解錠を要求。アマゾンのシステムが荷物や住所などを確認し、遠隔操作で解錠する。利用者は、スマホのアプリを通じて配送の連絡を受けたり、作業の様子を確認したりできる。

 米国では宅配荷物が玄関前に置かれることが多く、盗難などのリスクが高い。アマゾンはアマゾン・キーを宅配にとどまらず、清掃やペットの世話などの家庭向けサービスにも応用する計画だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  6. 6

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  7. 7

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  8. 8

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  9. 9

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

  10. 10

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

もっと見る