“お座り”でお知らせ ヒアリ探知にビーグル犬導入の理由

公開日: 更新日:

 いずれ100万匹に達するとの指摘もある、強い毒を持つ「ヒアリ」。これまで東京、横浜、大阪などの港を中心に12都府県で確認されているが、駆逐してくれる強力なハンターが現れそうだ。これ以上、生息域を拡大させないため、複数の地方自治体がヒアリを見つけ出す「探知犬」の導入を検討しているというのだ。

 頼もしい“相棒”になってくれそうなのは、なんとスヌーピーのモデルにもなったビーグル犬。ヒアリのにおいを感知すると「お座り」で知らせてくれるという。

 今後、台湾企業から探知犬を日本に移送し、来春にも任務に当たってもらうそうだ。

 それにしても、なぜビーグルなのか。「シロアリ探知犬」にビーグル犬を導入している大手害獣駆除会社「アサンテ」の広報担当者に聞いた。

「ビーグル犬はもともと、猟犬だったため嗅覚が鋭いのです。シロアリのかすかなにおいでも場所を嗅ぎ当て、発見率は90%を誇ります。ラブラドールやシェパードといった犬種もほぼ同等の嗅覚がありますが、ビーグル犬は小型で小回りが利き、ヒトに威圧感を与えることも少ない。住宅が密集している日本にふさわしいと考えております」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  5. 5

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る