“お座り”でお知らせ ヒアリ探知にビーグル犬導入の理由

公開日:

 いずれ100万匹に達するとの指摘もある、強い毒を持つ「ヒアリ」。これまで東京、横浜、大阪などの港を中心に12都府県で確認されているが、駆逐してくれる強力なハンターが現れそうだ。これ以上、生息域を拡大させないため、複数の地方自治体がヒアリを見つけ出す「探知犬」の導入を検討しているというのだ。

 頼もしい“相棒”になってくれそうなのは、なんとスヌーピーのモデルにもなったビーグル犬。ヒアリのにおいを感知すると「お座り」で知らせてくれるという。

 今後、台湾企業から探知犬を日本に移送し、来春にも任務に当たってもらうそうだ。

 それにしても、なぜビーグルなのか。「シロアリ探知犬」にビーグル犬を導入している大手害獣駆除会社「アサンテ」の広報担当者に聞いた。

「ビーグル犬はもともと、猟犬だったため嗅覚が鋭いのです。シロアリのかすかなにおいでも場所を嗅ぎ当て、発見率は90%を誇ります。ラブラドールやシェパードといった犬種もほぼ同等の嗅覚がありますが、ビーグル犬は小型で小回りが利き、ヒトに威圧感を与えることも少ない。住宅が密集している日本にふさわしいと考えております」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る