“お座り”でお知らせ ヒアリ探知にビーグル犬導入の理由

公開日: 更新日:

 いずれ100万匹に達するとの指摘もある、強い毒を持つ「ヒアリ」。これまで東京、横浜、大阪などの港を中心に12都府県で確認されているが、駆逐してくれる強力なハンターが現れそうだ。これ以上、生息域を拡大させないため、複数の地方自治体がヒアリを見つけ出す「探知犬」の導入を検討しているというのだ。

 頼もしい“相棒”になってくれそうなのは、なんとスヌーピーのモデルにもなったビーグル犬。ヒアリのにおいを感知すると「お座り」で知らせてくれるという。

 今後、台湾企業から探知犬を日本に移送し、来春にも任務に当たってもらうそうだ。

 それにしても、なぜビーグルなのか。「シロアリ探知犬」にビーグル犬を導入している大手害獣駆除会社「アサンテ」の広報担当者に聞いた。

「ビーグル犬はもともと、猟犬だったため嗅覚が鋭いのです。シロアリのかすかなにおいでも場所を嗅ぎ当て、発見率は90%を誇ります。ラブラドールやシェパードといった犬種もほぼ同等の嗅覚がありますが、ビーグル犬は小型で小回りが利き、ヒトに威圧感を与えることも少ない。住宅が密集している日本にふさわしいと考えております」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  8. 8

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  9. 9

    為末大と大迫傑が噛みついた「箱根駅伝」解体の“Xデー”

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る