飲み会に好きな人同士が集まるのは排除ではなく「区別」

公開日:

 飲み会は、会社の公式イベントでない限り、プライベートの時間。自分の時間を優先する20代は上司の誘いを断る人も少なくないというくらいだから、好きな人同士飲むのはある意味当然だが、それでも「排除の論理」が働くことがある。

 人材コンサルタントの菅野宏三氏が言う。

「プライベートな飲み会なら、好きな人同士飲むのは排除ではなく、区別でしょう。しかし、アルコールは性格を変えることがありますから、シラフで仕事をしているときは問題なく付き合える関係でも、酔っぱらい方によっては嫌になることがあります。酔って病院で暴れ回った巨人の選手みたいな酒癖の悪さはともかく、暴言を吐いたり、横柄な態度を取ったりする人はだれでも嫌。そういう人は排除の対象になります」

■グループラインから外す

「自己アピールが過ぎる後輩OLを飲み会に呼ばなかったことがあります。最年長の先輩がいるときは、『キーボードが壊れるんじゃないか』と思うほどカタカタとパソコン作業をするけど、その先輩が得意先回りなどで出かけると、派遣社員に仕事を任せてすぐサボるんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る