飲み会に好きな人同士が集まるのは排除ではなく「区別」

公開日: 更新日:

 飲み会は、会社の公式イベントでない限り、プライベートの時間。自分の時間を優先する20代は上司の誘いを断る人も少なくないというくらいだから、好きな人同士飲むのはある意味当然だが、それでも「排除の論理」が働くことがある。

 人材コンサルタントの菅野宏三氏が言う。

「プライベートな飲み会なら、好きな人同士飲むのは排除ではなく、区別でしょう。しかし、アルコールは性格を変えることがありますから、シラフで仕事をしているときは問題なく付き合える関係でも、酔っぱらい方によっては嫌になることがあります。酔って病院で暴れ回った巨人の選手みたいな酒癖の悪さはともかく、暴言を吐いたり、横柄な態度を取ったりする人はだれでも嫌。そういう人は排除の対象になります」

■グループラインから外す

「自己アピールが過ぎる後輩OLを飲み会に呼ばなかったことがあります。最年長の先輩がいるときは、『キーボードが壊れるんじゃないか』と思うほどカタカタとパソコン作業をするけど、その先輩が得意先回りなどで出かけると、派遣社員に仕事を任せてすぐサボるんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  2. 2

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  8. 8

    GW歴史的10連休でどうなる 身の回りで気になる8つの疑問

  9. 9

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  10. 10

    プーチンに3000億円も献上し物事が後退してしまうって…

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る