藤田崇義
著者のコラム一覧
藤田崇義

1974年、京都市生まれ。中1で“乗り鉄”に開眼し日本中の鉄道を乗り歩く。高2のとき当時の“JR全線完乗”を達成。以降、対象を海外の鉄道へと向け、これまでに65カ国を訪問。いまも年に数回のペースで列車旅を続行中。旅の途中で散髪屋に立ち寄ることも多く計23カ所で髪を切っている。

中央アジア3カ国のビュフェ車両の食事は超リーズナブル

公開日: 更新日:
4両編成なのに食堂車があった(タジキスタン鉄道)/(提供写真)

 このごろ、日本では観光列車がブームである。しゃれた車内で地元の食材を使った料理を食べながら、流れゆく車窓を楽しむという試みは好評らしく、国内の鉄道事情に疎い私なぞ、もうどこに何という列車が走っているのか把握しきれないほどである。

 ただ、別にブーム…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  6. 6

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  7. 7

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  8. 8

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る