• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

自殺の富岡八幡元宮司が遺言 「怨霊」はどうしたらなれる

「死後も怨霊となり、永遠に祟り続ける」――姉の富岡長子さん(58)を惨殺した後、自殺した富岡八幡宮の元宮司・富岡茂永容疑者(56)が、事件直前にA4判8枚につづった“遺書”の最後には、そんなことが書かれていた。

 長子さんを永久に追放し、自分の長男を宮司にすることなどを氏子らに求め、要求が実行されなかったら怨霊となって、「異議を唱えた責任役員とその子孫を永遠に祟り続けます」というのだから、何ともオドロオドロシイ。“別世界”の発言としか思えないが、氏子らにとってはゾッとする事態だろう。

 そもそも怨霊とはどうしたらなれるのか?

「怨霊(御霊)とは、うらみを残して死んでいった人が、死後に災厄をもたらすもの。日本では古くは祟り神とも呼ばれ、信仰の対象となる神様なのです。代表例としては菅原道真、平将門、崇徳天皇がいて、あくまで怨霊とは“高位の者”がなるものとされるのが一般的です」(歴史作家の加来耕三氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事