自殺の富岡八幡元宮司が遺言 「怨霊」はどうしたらなれる

公開日:

「死後も怨霊となり、永遠に祟り続ける」――姉の富岡長子さん(58)を惨殺した後、自殺した富岡八幡宮の元宮司・富岡茂永容疑者(56)が、事件直前にA4判8枚につづった“遺書”の最後には、そんなことが書かれていた。

 長子さんを永久に追放し、自分の長男を宮司にすることなどを氏子らに求め、要求が実行されなかったら怨霊となって、「異議を唱えた責任役員とその子孫を永遠に祟り続けます」というのだから、何ともオドロオドロシイ。“別世界”の発言としか思えないが、氏子らにとってはゾッとする事態だろう。

 そもそも怨霊とはどうしたらなれるのか?

「怨霊(御霊)とは、うらみを残して死んでいった人が、死後に災厄をもたらすもの。日本では古くは祟り神とも呼ばれ、信仰の対象となる神様なのです。代表例としては菅原道真、平将門、崇徳天皇がいて、あくまで怨霊とは“高位の者”がなるものとされるのが一般的です」(歴史作家の加来耕三氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  9. 9

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  10. 10

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

もっと見る