• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
藤田崇義
著者のコラム一覧
藤田崇義

1974年、京都市生まれ。中1で“乗り鉄”に開眼し日本中の鉄道を乗り歩く。高2のとき当時の“JR全線完乗”を達成。以降、対象を海外の鉄道へと向け、これまでに65カ国を訪問。いまも年に数回のペースで列車旅を続行中。旅の途中で散髪屋に立ち寄ることも多く計23カ所で髪を切っている。

台北の“デパ地下”では青森産リンゴが進物用で別格の扱い

台北ではクリスマス用に贈る!?価格は1個49元だった(提供写真)

 間もなくクリスマスがやってくる。私は師走の世間の騒がしさを嫌って海外へ逃れ出ていたのだが、図らずも東京で居合わせた年もある。その晩、原稿でも書こうとパソコンを抱えて近所のファストフード店に入ると、カウンターに女子店員の姿はなく、地味ななりをした男どもが黙々とハンバーガーをかじっ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事