フェイスブックで“網”を拡大…「カルト宗教」勧誘の実態

公開日: 更新日:

「最近また大学生など若い世代の間にスピリチュアルがブームの兆しを見せています。その延長線上にはカルト教団の存在もある。思えば、オウム事件があったのが、今から23年前の1995年。今の学生が生まれる前の出来事です」

 こう言うのは、宗教問題に詳しいジャーナリストの藤倉善郎氏だ。

 喉元過ぎれば……の例え通り、一時、批判されて姿を消していた江原啓之氏をテレビがまた使い始めてきたこととも無縁ではないという。

「カルト教団のひとつの定義は、多くが終末思想を持ち、教団名や団体名を隠して信者を勧誘することです。その勧誘にあたって活用しているのが、ツイッターやフェイスブックなどのSNSです。SNSを通じて1000人に呼びかけ、セミナーや勉強会に誘い出す。その中から1人でも信者になる者がいればいいというスタンスです。フェイスブックなら大学名も分かり、信者学生が教室や食堂に気軽に呼び出すこともできます。親族や友人のツテを頼った地道に勧誘していた昔と違って、今は簡単に新規信者を増やすことができるのです」(前出の藤倉氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    吉川晃司「探偵・由利麟太郎」はハマり役 ドロドロ感が吉

もっと見る