専門家も警鐘 新築マンション高値で不動産バブル崩壊迫る

公開日: 更新日:

 バブル崩壊危機が迫っている。不動産経済研究所の発表によると、首都圏の新築マンション1戸当たりの平均販売価格が、前期比7.6%高い5908万円になったという。これは、過去最高だったバブル期以来の高水準だが、このご時世、ローンを組んで6000万円近いマンションを誰が買うのだろうか。

「そもそも、価格高騰は建築費の上昇が主な原因です。購入者は一握りの富裕層や投資目的の外国人がメインで、実際に居住することを目的に購入するケースは少なくなっています。一方、実際に居住することを目的としている30~40代の『実需層』は個人所得が上がらない。郊外や都外の新築マンションの契約率は低調です。『高い買い物』は避けられる傾向にあります」(住宅ジャーナリストの榊淳司氏)

 不動産市場は「2020年東京五輪までは上り調子」といわれるが、実は「好況」はもってもあと1年半程度。五輪前に不動産バブルがはじける可能性が高まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  4. 4

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  7. 7

    「ナギサさん」大森南朋が可愛すぎる家政夫にハマったワケ

  8. 8

    多部「ナギサさん」vs篠原「ハケン」働く女子に刺さるのは

  9. 9

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

  10. 10

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

もっと見る