一戸建てにシフトすべき? 榊淳司氏に聞くマイホーム選び

公開日:

 マンションの価格高騰が止まらない。不動産経済研究所によると、首都圏では今年上半期に販売された新築マンションの平均価格は5884万円とバブル期以来の高値水準となった。近畿圏でも平均価格は4000万円超。一方、一戸建て住宅は“横ばい状態”が続いている。今、マイホーム選びは一戸建てにシフトすべきなのか? 「2025年東京不動産大暴落」(イースト新書)の著者で住宅ジャーナリストの榊淳司氏に聞いた。

 ――最近、一戸建て住宅はマンションよりも“割安感”があるといわれます。

 今年8月に販売された建売住宅の平均価格は前月比、前年同月比ともに数%下落しました。都心ではマンションがバブル的に高騰していますが、一戸建てについてはそうした現象は見られません。たしかに、マイホームを購入したい人に一戸建ては割安感があるように映るかもしれません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る