横山光昭
著者のコラム一覧
横山光昭家計再生コンサルタント

家計再生コンサルタント、ファイナンシャルプランナー。借金したり貯金ができない家計の弱点を探り、確実な再生計画を見いだすプロ。これまで約1万5000人以上の家計再生を手がけた。

家計再生のプロ指南 投資は月給7.5カ月分を確保してから

公開日: 更新日:

 日経平均が、史上最長の16連騰を記録し、21年ぶりに2万2000円台に乗せたことで、「3万円突破」「バブル期超えも」などと威勢のいい見出しが雑誌に躍っています。「貯蓄から投資へ」という考え方も随分浸透し、投資に興味を持っている人も多いでしょう。買い物のおつりを積立投信に回せるアプリができたり、「100円から始めよう」などと勧める証券会社の動きも、投資を始める人を増やすきっかけになっているようです。

 ただ、投資は貯蓄がないままやみくもに始めてはいけません。万が一何かしらのトラブルがあっても生活していけるだけの資金を確保してから始めるべきです。では、その資金はいくら必要でしょうか。

 理想的なのは、光熱費、食費など「生活費」として、まず月給1・5カ月分を確保します。その上で病気やケガ、リストラなど「生活防衛費」として6カ月分、合計7・5カ月分の貯蓄をすること。私はこれまでに1万人の家計を立て直した実績がありますが、“万が一”の事態が起きると、6カ月分の貯蓄では不足の恐れがあり、8カ月分あれば大体しのげることが分かりました。また、マイカー資金、住宅の頭金、教育費といった資金が必要な人は、「貯める貯蓄」とは別枠で貯める必要があります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  10. 10

    巨人セ首位固めの裏で着々と進む 阿部慎之助の“入閣準備”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る