• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

迫るバブル崩壊…これから不動産市場を襲う“2つの難題”

 不動産バブル崩壊もそう遠くない。全国の基準地価が19日、公表された。商業地は全国平均で10年ぶりに上昇し、都内では全用途平均で昨年比3%上昇。銀座の地価はバブル期のピークを更新している。明らかに上がりすぎだ。

「地価上昇の原因は金融緩和で余ったカネが不動産に向かっていることと、投機目的の中国人投資家による“爆買い”。さらに日銀による不動産投資信託(Jリート)の買い支えです」(不動産業界関係者)

 今回の公表で意外だったのは、一等地の千代田区や中央区などの地価上昇率が鈍化した一方、都心から離れた荒川区などで上昇幅が広がったことだ。昨年トップだった千代田区を荒川区が追い抜いている。「2025年東京不動産大暴落」(イースト新書)の著者で不動産ジャーナリストの榊淳司氏はこう言う。

「一等地はホテルやマンションを建てても土地代が高すぎて、もう企業が儲けを出しにくい状況です。そのため、まだ商売として成り立つ荒川区などにシフトしているのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る