• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“危機管理のプロ” 自衛隊と警視庁が教える寒さ対策と工夫

 危機管理のプロといえば自衛隊。その自衛隊の「LIFE HACK CHANNEL」の動画で、雪や寒さから身をまもる術を公開している。

 そのひとつが、ビニールのカッパを使う方法。肌着の上にビニールカッパをはおり、その上からセーターやコートを着込むだけ。外套の上にカッパを着込むより保温効果が得られるという。自衛隊はほかにも、万が一の雪山遭難に備えて、簡易ランプの作り方も伝授。ツナ缶(中身の入ったもの)の真ん中に穴を開け、そこへ綿布の芯を入れてランプにするのは有名だが、もっと手軽に、バターに芯を刺してもランプの代用になるという。

 一方、警視庁警備部災害対策課がツイッターで推奨しているのが、ゴミ袋と新聞紙。この2つを体に巻くのは冬のバイク乗りにとっては常識だが、警視庁の使い方は違っていて、くしゃくしゃにした新聞紙をゴミ袋に詰め(朝刊2日分ほど)、そこへ足を入れるというもの。自分の体温でほわ~んと温かくなるのだ。

 どれも工夫次第。気象庁によると、使い捨てカイロにも最も効果的な貼り場所があり、それは血流が集まる肩甲骨の間の背中の部分だ。一人では貼れないが、誰かにやってもらおう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る