“危機管理のプロ” 自衛隊と警視庁が教える寒さ対策と工夫

公開日: 更新日:

 危機管理のプロといえば自衛隊。その自衛隊の「LIFE HACK CHANNEL」の動画で、雪や寒さから身をまもる術を公開している。

 そのひとつが、ビニールのカッパを使う方法。肌着の上にビニールカッパをはおり、その上からセーターやコートを着込むだけ。外套の上にカッパを着込むより保温効果が得られるという。自衛隊はほかにも、万が一の雪山遭難に備えて、簡易ランプの作り方も伝授。ツナ缶(中身の入ったもの)の真ん中に穴を開け、そこへ綿布の芯を入れてランプにするのは有名だが、もっと手軽に、バターに芯を刺してもランプの代用になるという。

 一方、警視庁警備部災害対策課がツイッターで推奨しているのが、ゴミ袋と新聞紙。この2つを体に巻くのは冬のバイク乗りにとっては常識だが、警視庁の使い方は違っていて、くしゃくしゃにした新聞紙をゴミ袋に詰め(朝刊2日分ほど)、そこへ足を入れるというもの。自分の体温でほわ~んと温かくなるのだ。

 どれも工夫次第。気象庁によると、使い捨てカイロにも最も効果的な貼り場所があり、それは血流が集まる肩甲骨の間の背中の部分だ。一人では貼れないが、誰かにやってもらおう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る