最強寒波はこれからが本番 気象予報士・森田正光氏が指摘

公開日: 更新日:

 記録的な寒さをもたらした“最強寒波”が離れ、子供たちが作った雪だるまも解けてなくなり、東京都心はいつもの乾燥して寒い冬を取り戻しそうだが、そんな日常も長く続くわけではなさそうだ。寒さはひと山越えたにすぎない。来月になればまた、列島は“冷凍庫状態”に逆戻りとなりそうだ。

 気象予報士の森田正光氏が言う。

「今回の寒波は、シベリアのヤクーツクで氷点下67度という記録的な寒さをもたらした寒気が南下したものです。今シーズンは北極の寒気が日本、アメリカ西部、欧州の3方向に流れ込む“三波型”になっています。この現象が発生したときは、寒さが持続します。つまり今年の冬は、まだまだ厳しい天候が続くということ。気象庁が24日に発表した3カ月予報でも、2月の気温は北日本で40%、東日本と西日本は50%の確率で“平年より低い”となっています。もともと2月は1月よりも気温が低い。平年並みでも寒いのに、さらに冷え込むとみられているのですから、防寒対策を怠ることはできません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る