• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最強寒波はこれからが本番 気象予報士・森田正光氏が指摘

 記録的な寒さをもたらした“最強寒波”が離れ、子供たちが作った雪だるまも解けてなくなり、東京都心はいつもの乾燥して寒い冬を取り戻しそうだが、そんな日常も長く続くわけではなさそうだ。寒さはひと山越えたにすぎない。来月になればまた、列島は“冷凍庫状態”に逆戻りとなりそうだ。

 気象予報士の森田正光氏が言う。

「今回の寒波は、シベリアのヤクーツクで氷点下67度という記録的な寒さをもたらした寒気が南下したものです。今シーズンは北極の寒気が日本、アメリカ西部、欧州の3方向に流れ込む“三波型”になっています。この現象が発生したときは、寒さが持続します。つまり今年の冬は、まだまだ厳しい天候が続くということ。気象庁が24日に発表した3カ月予報でも、2月の気温は北日本で40%、東日本と西日本は50%の確率で“平年より低い”となっています。もともと2月は1月よりも気温が低い。平年並みでも寒いのに、さらに冷え込むとみられているのですから、防寒対策を怠ることはできません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事